メニュー

動作仕様

2015-09-29 - csvmail

csvmail でメールを送るには、

  1. メールの添付レートを作成する。
  2. 送りたいひと全員の CSV ファイルを用意する。
  3. テスト送信してみる
  4. 問題なければ、全員に送信

の手順で送信が可能になります。詳しい手順は以下の通りです。

  1. メールの添付レートを作成する。
  2. 可変要素を考慮した本文テンプレートを作成します。

    {会社名} {所属}
    {お名前} 様
    
    いつもお世話になっております。
    
    今日メールしたご用件は、.......
    
    

    この他に添付ファイルは1つまで添付か可能です。
    この例では、{会社名},{所属},{お名前} が可変要素となります。

  3. 送りたいひと全員の CSV ファイルを用意する。
  4. 先頭に E-Mail をつけて、以下のような CSV ファイルを作成します。

    email,会社名,所属,氏名
    suzuki@efg.com,efg 商事株式会社, 宣伝企画部, 鈴木 ,
    sato@efg.com,efg 商事株式会社, 宣伝企画部, 佐藤 ,
    saito@efg.com,efg 商事株式会社, 宣伝企画部, 斉藤 ,
    abc@efg.com,efg 商事株式会社, 宣伝企画部, abc ,
    

    この CSV ファイルを csvmail に読み込ませる。

  5. テスト送信してみる
  6. CSV に登録した全員に送信するまえに、宛先を指定したテスト送信ができます。
    テスト送信では、送信先を指定できますが、テンプレートのキーワードの置き換えは、
    読み込まれた CSV ファイルの先頭のデータと置き換わります。
  7. 問題なければ、全員に送信
  8. テスト送信で問題なければ、本送信に進みます。

送信したデータは送信メールログに記録されます。